代表あいさつ

株式会社アイ・シー・エフは2020年9月11日に創業いたしました。
これもひとえに、私たちが創業する前から継続してお付き合い頂いていた
お客さまをはじめ、お力添え頂いたお取引先やご関係者の皆さまからの
ご支援、ご高配の賜物と心より感謝申し上げます。

生活様式の変化、社会動向の流れ、キャッシュレス推進などビジネスを
取り巻く潮流を掴みながら、より便利で、かつ安心・安全な、BPAを
通じたビジネスプラットフォームを構築して参ります。

私たちアイ・シー・エフはお客さまの「現場」でたくさんの経験やスキルを
有する方々ともに「現在」「過去」「未来」の仕事に取り組んでおります。

「現在」の仕事をしている方は「未来」の仕事をするための「体力」
をつくり続けています。

「過去」の仕事をしている方は「よくないこと」を「未来」に持ち越さない
ために「改善」を続けています。

「未来」の仕事をしている方は「現在」と「過去」の仕事で生み出した
「体力」を使い、解答がない中で失敗を伴いながら、挑戦を続けています。

私たちの強みは、時間軸の違う3つの「現場」を個人・チーム
で共有し、トライアル&エラーを繰り返しながら、調査分析・仮説
検証・統計化し続けることで、世界規模での仕入先の選定やエラー
改善と定常化へソリューションの練り直しなど、本質的な問題解決
への挑戦に役立てています。

役割や機能ごとにバラバラに動いていた「モノづくり」が保守メンテ
ナンスの視点から、言葉ではなく「現場」で、「現地・現物」で「仕事」
をすることによって、いま1つになろうとしています。

今後、私たちは利便性の向上を実現するのみならず、社会課題への
本質的な理解を深め、社会、地域、時代貢献を実行することで、
必要とされ信頼に値する企業へ成長するために精進して参ります。

皆さまにおいては引き続きご指導ご鞭撻のほど、
何卒宜しくお願い申し上げます。

代表取締役社長
四條正一

株式会社アイ・シー・エフ

アイ・シー・エフという社名は、とても好きな概念・団体名を踏襲しました。
ICF(International Classification of Functioning, Disability and Health)国際生活機能分類と呼ばれています。生活機能上の問題は誰にでも起りうるものです。そういう意味で、ICFは特定の人々のためのものではなく、「人類に関する分類」です。

ICFは、“生きることの全体像“を示す“共通言語“です。
生きることの全体像を示す「生活機能モデル」を共通の考え方として、様々な専門分野や異なった立場の人々の間の共通理解に役立つことを目指してます。

ICFは、健康以外にも、保険、社会保障、労働、教育、経済、社会政策、立法、環境整備のような様々な領域でも用いられています。個人単位の問題・課題・目標を、個別性・個性を尊重して構造的に把握することを補助し、様々なサービス分野また社会的参加促進や、社会的支援などのシステムの構築にも用いられています。

©2022 ICF Inc.